笑う門には福来たる

笑う門には福来たる

おじさんの四次元ポケット

「君の名は。」の聖地、諏訪湖が一望できる立石公園。

f:id:inudenchi:20171008184141j:plain

「君の名は。」の聖地巡礼

僕は嫁と二人で「君の名は。」を映画館に観に行きまして、なんとその直後に、人生初の「聖地巡礼」なるものまでしてしまいました。

最後のシーン、瀧と三葉が再会する神社の階段がありますよね、あそこに行ってしまったんです。

とは言っても、僕も嫁ももう40過ぎの中年です。そんな聖地巡礼など率先してする年齢ではありません。笑

僕たち夫婦は、神社巡りをして御朱印を頂くと言うささやかな趣味を持っていまして、休日は都内を中心に散歩がてら色々な神社を訪れています。

そんなある日、四谷周辺の神社巡りをしていて、近くに「君の名は。」に登場した須賀神社があることを知り、行ってみたわけなんです。

まだ「君の名は。」が上映されている真っただ中でもあり、須賀神社は多くの聖地巡礼者が訪れていました。特に最後のシーンで登場した階段の上は人だかりができていました。

僕は神社と御朱印のブログを別で書いていまして、その詳細はこちらで紹介しています。

もともと意図したわけではありませんが、思わぬ形で聖地巡礼をしてしまった40過ぎの夫婦。

「君の名は。」の聖地巡礼がブームになっていることは、その時点でもニュースなどで目にしていましたので知っていました。

しかし、まさか自分たちがそれをするとは思ってもいなかったので。笑

率直な感想としては、楽しかったんですけどね。笑

「ここが、瀧と三葉がすれ違ったあの階段だ!」と思うとやっぱりテンション上がりますし。笑

だからと言って、映画で登場した他の聖地にわざわざ出掛けて行くつもりもなく、今後行くこともないだろうな~と思っていたのですが…。

まさかのもう一ヶ所、「君の名は。」の二ヶ所目となる聖地巡礼をすることになってしまいました。

 

「君の名は。」の糸守湖は諏訪湖?

「君の名は。」に出てくるが、長野県にある諏訪湖がモデルではないかと言われています。

映画の中では糸守湖と言う名前の、こちらの湖です。

f:id:inudenchi:20171008184657j:plain
(画像出典:matome.naver.jp)

周囲を山に囲まれ、盆地のような地形の中央にある湖。湖の周りには街の明かりが見えます。

この景色が映画の中だけではなく実際に見れるとしたら、是非一度は見てみたいですよね。

諏訪湖は長野県のちょうど真ん中辺りにある湖です。

f:id:inudenchi:20171008184809j:plain

諏訪湖は諏訪市岡谷市下諏訪町の三つの市町村に囲まれていて、さらに隣接する茅野市富士見町原村の計6市町村が、いわゆる「諏訪」と呼ばれる地域になります。

また、全国に一万社以上あると言われる諏訪神社の総本社、「諏訪大社」がある地域としても有名で、人が乗った柱を山から落としたりする、七年に一度の「御柱祭」も諏訪大社のお祭りです。

f:id:inudenchi:20171008184910j:plain
(画像出典:www.city.suwa.lg.jp)

東京からのアクセスもかなり便利で、新宿から「特急あずさ」で乗り換え無しで2時間くらいで行けちゃう場所にあります。車だと中央道で3時間くらいです。新宿から高速バスも出ています。

電車の場合には「上諏訪駅」で下車して徒歩10分くらい。車だと諏訪ICから15分ほどです。

そして…

僕は現在東京在住ですが、この諏訪地方の出身なんです。

生まれも育ちも八ヶ岳の麓、茅野市と言うところでして、諏訪湖も個人的におもいっきり馴染みのある場所なんです。高校は諏訪市まで通ってましたし、学校帰りに諏訪湖で遊ぶこともありました。

ですのでそんな諏訪湖が、あの「君の名は。」に登場する湖なのでは?との話を聞いた時には、驚きましたし、嬉しくもなっちゃいました。

きっと熱心な聖地巡礼の皆さんは諏訪湖にも行ってるんだろうな~と思いつつ、自分も次に帰省した時にでも、諏訪湖まで足を延ばして遊びに行ってみようかな~なんて思い始めてしまいます。笑

そんな今年のお盆前。

嫁を伴い、実家のある茅野市に帰省したのですが、そこでまさかの展開が訪れます。

 

諏訪湖が一望できる立石公園

映画に出てくる糸守湖が諏訪湖ではないかと言われているのですが、それを裏付けられる場所があります。

それが、諏訪市にある「立石公園(たていしこうえん)」です。

高台にある公園で、そこからは諏訪湖が一望できるんですよ。そして、そのアングルが映画で登場したのと同じでは?と言われ、公園からの景色がモデルになって描かれているのではないかと。

ですので、「君の名は。」の聖地巡礼としては、皆さんどうやらこの「立石公園から諏訪湖を見る」と言うのが定番になってるみたいですね。

立石公園と言えば、僕は高校の時の体育の授業を思い出すんですよ。高校が立石公園からけっこう近い場所にあって、体育の授業でマラソンの時には、この立石公園の入口まで行って帰って来ると言うコースだった覚えがあるんです。

あとは、諏訪湖の花火の時は立石公園までの道が大渋滞する、なんて話も耳にしていました。

そんな立石公園が、まさか「君の名は。」の聖地になるとは。

とは言え、帰省した際には「立石公園に絶対行くぞ~!」なんて特に考えてなかったんです、僕も嫁も。なんとなく機会があれば行きたいね~くらいな感じだったので。

ところがどっこい。

まさかの「機会」がいきなりやってきてしまったんですよ。笑

実家には弟の夫婦も帰省していて、弟夫婦にはちっこい子供が二人いるんです。4歳と1歳の、可愛い甥っ子と姪っ子です。

で、立石公園にはでっかい滑り台があるらしく、子供たちを連れて遊びに行こう!と。

いきなりの展開ではありましたが、弟の家族と僕たち夫婦で、立石公園まで遊びに行くことになりました。

またしても、四谷の須賀神社に続き、思わぬ形での「君の名は。」の聖地巡礼です。笑

 

立石公園から見る諏訪湖

実家のある茅野市から諏訪市へ車を走らせ、高台を上ります。立石公園に到着です。お盆前の平日ではありましたが、駐車場には車が一杯です。

f:id:inudenchi:20171008185743j:plain

 

県外ナンバーの車もたくさん。皆さんきっと「君の名は。」で来てるんでしょうね。

f:id:inudenchi:20171008185905j:plain

 

駐車場からすぐ、もう眼下には諏訪湖が一望できる景色が広がっています。今にも雨が降り出しそうな曇り空ではありますが、なかなか素敵な眺めです。

f:id:inudenchi:20171008185927j:plain

 

案内板によると、北アルプスから中央アルプスまで望むことができるみたいです。この日は無理でしたが…。

f:id:inudenchi:20171008185942j:plain

 

訪れたのがお盆前で、諏訪湖の花火大会が近かったこともあり、場所取りの注意書きもありました。ここから花火見たら綺麗に見えるんでしょうね。

f:id:inudenchi:20171008190008j:plain

 

階段で下の広場に下りてみます。

f:id:inudenchi:20171008195729j:plain

 

振り返るとこんな感じです。この上が駐車場です。

f:id:inudenchi:20171008195747j:plain

 

広場の先から諏訪湖を眺めます。「君の名は。」の新海誠監督も、もしかしたらここからの景色を見ていたのかもしれないですね。

f:id:inudenchi:20171008184141j:plain

 

四谷の須賀神社に続き、まさかの二ヶ所目の聖地巡礼を果たしてしまいました。どちらもたまたまなんですけどね。笑

地元とは言え、立石公園から諏訪湖を見るのは、僕は高校生の時以来です。もう20年以上前振りってことになりますね。

相当久しぶりに訪れたわけですが、おもいきって足を延ばしてみて良かったです。

「君の名は。」の糸守湖を見ることができました。笑

諏訪湖の眺めを一通り楽しんだ後は、4歳の甥っ子を連れ、巨大滑り台へと向かってみます。

 

立石公園のすべり台

立石公園には、ロングすべり台なるものがあります。

そのすべり台は、雨に濡れている状態で滑るとめちゃめちゃスピードが出て、危険なすべり台になるらしいんです。

スリル満点のすべり台として、けっこう有名みたいですね。

どうやらこの滑り台、この1~2年の間に事故が2件起きているようで、一時期は使用禁止になっていたとか。

いずれも雨に濡れた状態で滑って、骨折した事故みたいです。

要するに「濡れている時はスピードが出過ぎて危険」なすべり台なんだと思います。

この日は曇り空ではありましたが、幸い雨は降っていません。すべり台も濡れていませんので、ロングすべり台にチャレンジしてみることにしました。

40過ぎのおっさんですが。

 

こちらがすべり台の入口です。駐車場からすぐのところにあります。事故のせいか、警告や注意が出ていますね。しかも6歳以上が対象と書かれています。甥っ子は4歳。滑れません。

f:id:inudenchi:20171008200336j:plain

 

脇からすべり台の行く手をみますと、確かにけっこうロングな感じがしますね。ジェットコースターのレールに見えてきました。笑

f:id:inudenchi:20171008200412j:plain

 

少々ビビりつつ、41歳おじさん、滑ります。

f:id:inudenchi:20171008200433j:plain

 

無事滑り終わりです。かなりのスピードを警戒していたのですが、なんと全然スピードが出ず、途中で何度か止まってしまうくらいでした。濡れてさえいなければ、全く危険のないすべり台です。

f:id:inudenchi:20171008200458j:plain

 

ロングすべり台の先には遊具がたくさんあります。甥っ子を遊ばせます。

f:id:inudenchi:20171008200629j:plain

 

少し下に下りると、諏訪湖が木に隠れてしまいますね。

f:id:inudenchi:20171008200644j:plain

 

さらに甥っ子を遊ばせます。

f:id:inudenchi:20171008200659j:plain

 

ロングすべり台の下に、もう一つプチロングすべり台があります。こちらの方がスピードが出て楽しかったです。笑

f:id:inudenchi:20171008200720j:plain

 

プチロングすべり台の先にも遊具。

f:id:inudenchi:20171008200740j:plain

 

汗だくになって甥っ子と遊び、最後に諏訪湖をもう一度眺め、立石公園を後にしました。

f:id:inudenchi:20171008200753j:plain

 

立石公園のロングすべり台は、「雨に濡れていなければ危険はないすべり台」でした。むしろ、滑らないすべり台でしたね。笑

ロングすべり台の下にある、プチロングすべり台の方が、滑るすべり台でした。

 

立石公園へのアクセス

「君の名は。」の聖地として諏訪湖を眺め、ロングすべり台で遊び、子供を遊ばせられる遊具もたくさんある立石公園。

住所は「長野県諏訪市上諏訪10399」になります。

地図はこちら。

車ですと、諏訪ICから17~20分くらいです。公園には20台ほど停められる駐車場があります。

電車の場合は、上諏訪駅からタクシーバスです。徒歩では厳しい距離です。

タクシーですと10分くらいで、バスですと「かりんちゃんバス」の「東山線」に上諏訪駅から乗って、「立石町」下車で、そこから坂道を上がって15分くらいです。

バスの時刻表はこちら。
http://www.city.suwa.lg.jp/web/senryaku/karin_suwa_bus/20171001/4_bus_2017_10_01.pdf

かりんちゃんバスは、大人150円、こども80円で利用できます。

諏訪を訪れる機会がありましたら、是非「君の名は。」の聖地諏訪湖が一望できる「立石公園」に立ち寄ってみてください。

おすすめです。

 

 

こちらの記事もおすすめ