笑う門には福来たる

笑う門には福来たる

おじさんの四次元ポケット

ピース又吉の「火花」を読みました。又吉直樹は凄い!

【スポンサーリンク】

f:id:inudenchi:20170418195007j:plain

又吉直樹の「火花」

お笑い芸人、ピースの又吉直樹さんが書いた「火花」。

めちゃめちゃ話題にもなりましたし、誰もが知っている本かと思います。

読んだ人もかなり多いのではないかと。

2015年には第153回芥川賞を受賞したことで、さらなる話題も呼びました。

単行本が発売されたのも2015年です。

僕は読書が好きなので、発売当初から「火花」は気になっていました。読んでみたいな~と。

しかし、めちゃめちゃ個人的な事情なのですが、僕は本はいつも文庫で読む派なんです。

基本的に電車の中とか、待ち合わせ時など、外出時に読みますので、持ち歩きやすい文庫を読んでいます。単行本は書いません。

ですので「火花」も、気にはなっていたものの、文庫になったら読もうと。

なかなか文庫にならないんですけどね。笑

しかしついに、2017年2月。

又吉直樹さんの「火花」が、文庫となって登場しました。

 

 

「火花」の感想

ついに文庫になった火花を手に入れることができましたので、さっそく読んでみます。

そして、あっと言う間に読み終えてしまいました。

読み終えた率直な感想ですが…

面白かったです!!!

そして、凄かったです。

又吉さんすげーなって、素直にそう思ってしまいました。

ストーリーはもちろんですが、描写だったり言い回しだったり、どれも凄いです。

僕のボキャブラリーがなくて申し訳ないのですが…苦。

とにかく「凄かった」んですよ。笑

評論家さんみたいに、文章の一節を引用して、その凄さをアピールしてみたりしたいんですけど、僕にそんな器量は残念ながらありませんので…苦。

正直、僕は読む前にはじゃっかんの疑念を持っていたんです。

芥川賞を受賞したのも、何かしら「読書離れ」に一石を投じるため、話題性を重視したのでは?と。知名度のある又吉さんを受賞させることで、その話題性を目論み、審査員や業界が演出した茶番なのでは?なんて。

何の根拠もない疑念なんですけどね。

汚れた大人である僕は、そんなふうに思う部分もあったんです。

しかし、そんな疑念は完全な間違いでした。

実際に読んでみて、はっきりとそれがわかりました。

繰り返しになってしまいますが、本当に面白かったです。

そして、又吉さん本当に凄いです。

 

神谷の痛々しさが素晴らしい

この「火花」は、売れないお笑い芸人の物語です。

主人公の徳永と、先輩芸人の神谷。この二人のやりとりや、関係性を中心に展開して行きます。

そして、この先輩芸人の神谷が、痛々しいんですよ…。

読んでいて辛くなってしまうくらいです。純粋で、バカで、面白くて。

その神谷を師匠として慕う主人公の徳永との関係も、とても繊細で、危うさの上に成り立っている感じです。

そこには、徳永の神谷に対する複雑な想いがあるんです。神谷の才能に対する憧れや嫉妬、そして軽蔑や葛藤。徳永の繊細な感情の変化にも惹き込まれます。

危さの上に成り立っているような関係ではありますが、この二人のやりとりや会話が、これまた常に面白いんですよ。これに関しては、又吉さんのお笑い芸人っぽさが少し出ている気がします。そのセンスも素晴らしいです。

全編通して、隙もなく見事に出来上がっている感じなのですが、読み終えて僕が一番印象に残ったのが、やっぱり「神谷の痛々しさ」ですね。

痛々しいと言う言葉が適切かどうかわかりませんが、その描き方が本当に素晴らしかったです。

個人的な話になるのですが、僕は若い頃にバンドをやっておりました。

売れると言うレベルにはほど遠かったのですが、それでも事務所が付いたりして、大きな場所でライブもやったり、ちょっと有名になったりもしました。

結局そこまで売れることもなく、バンドは解散してしまいましたが。

当時仲の良かったバンドの中には、めちゃめちゃ売れてるバンドもいます。テレビなんかでその姿を見掛けることも。

僕は今回、「火花」を読んでいて、その当時のことなどを思い出してしまいました。

きっと芸人やバンドマンなどは、かなり共通する部分もあると思いますし、皆少なからず似たような経験をしているのかなって。

売れない芸人、売れないバンドマンなどなど、そこにいる人たちの葛藤も、火花には繊細に描かれていた気がします。

そう言った意味でも、火花は本当に素晴らしい作品でした。

素敵な本を与えてくれた、又吉さんに感謝したいです。

 

二作目の「劇場」も早く読みたい

「火花」がひたすら凄かった又吉さんですが、驚くことにこれが一作目なんですよね。

それもまた凄いです。最初の小説でこんなにも凄いものが書けるとは。しかも芥川賞まで取っちゃいましたからね。

火花が本当に面白かったので、又吉さんの二作目も僕は絶対に読もうと思っています。

気になる二作目ですが、既に単行本の発売が決定しています。

そのタイトルは「劇場」です。

 

2017年5月11日に単行本が発売されます。

恋愛小説とのことですので、今から内容が気になって仕方ありません。

早く読みたい!

普段は文庫になってから読むことにしている僕ですが、もしかしたら単行本を買ってしまうかもしれません。笑

だって、きっと文庫になるのは、2年後くらいですからね。苦

もっと早く文庫になればなぁ。

待ち遠しい。

 

こちらの記事もおすすめ