笑う門には福来たる

おじさんの四次元ポケット

自撮りが簡単にできるお勧めのデジカメ。


【スポンサーリンク】

自撮りがしやすいデジカメ

デジカメの買い替え

一昨年、デジカメが壊れました。

だいぶ前から調子が悪いのは感じていたのですが、本格的にダメになってきましたので、これはもう買い替え時かと。

使っていたデジカメはCANONのIXYです。2009年くらいに購入したもので、7年ほど使っていたものですので、寿命といっても良いかと思います。むしろ、よく持ちこたえた方かもしれません。

最後の方は、フラッシュを使うとめちゃめちゃこげ臭い匂いが発生し、火が出るんじゃないかと思うくらいでした。笑

さすがにそろそろ限界を感じ、新しいものに買い換えることに。

しかし、ここで考えます。

近年、スマホのカメラも飛躍的に進化していますので、ぶっちゃけもうデジカメなんて必要ないのでは?と思ったりも。スマホのカメラがあれば、それでじゅうぶんなのでは?と。

どうせスマホも持ち歩くわけですし、スマホでカメラも賄えるのでしたら、それだけで済むわけです。デジカメを持ち歩くという負担もなくなります。

これまでデジカメを主に使っていたのは、嫁との旅行です。旅行時の写真をデジカメでパシャパシャと撮影するのが常でした。

あとは、僕が別で書いているこちらのブログで使うための写真撮影で、フル活用していました。

デジカメが壊れたのを機に、その必要性に疑問を持った僕ではありますが、やっぱりデジカメでの撮影というのが、決まった場所では習慣化しているのも事実です。

嫁との旅行用の写真なんかはスマホでもじゅうぶんな気はするのですが、ブログ用の写真の場合には、やっぱりデジカメの方が画素数も高いですし、編集なんかも何かと便利なんですよね。

スマホとデジカメの2台を持ち歩くことにはなりますが、それも致し方ないかと。

というわけで、じゃっかん迷いはしましたが、新しいデジカメを買うことを決意しました。

 

自撮りがしやすいデジカメ

さて、新しいデジカメに買い換えると決めはしたのですが、僕はカメラにも家電にも全く詳しくありません。

完全な素人です。

どんなカメラを買ったらいいのか、正直全くわかりません。

さらに言えば、特にカメラや写真に興味があるわけでもなく、もちろんこだわりなんかもないんですよ…。カメラ好きな人には叱られてしまいそうですが。笑

ですので、当然買い換えるデジカメも、こだわりがありません。

できるだけ簡単に、写真が撮れればそれでじゅうぶんなんです。笑

最近のデジカメはどれも画質はかなり良いと思いますし、素人でもそれなりに綺麗に撮れるようにできてます。もちろん追求したらきりがないんでしょうけど、僕のような素人にはその必要はありません。

つまり、最近のデジカメだったら、おそらくどんなカメラでも大丈夫なんですよ。よっぽどひどいものではない限り。笑

ただ一つ、こだわりと言いますか、「こういう機能があったらいいな~」と、漠然と思うものはありました。

それは「自撮りがしやすいこと」です。

と言いましても僕は40代のおっさんですし、特に日常的に自撮りをしてインスタに上げているわけではありません。笑

嫁と旅行に行った際などに、記念撮影的な感じで、行く先々を背景にして自撮りをする程度です。その度に誰かに撮ってくださいと頼むのも億劫ですし、自撮りが一番手っ取り早いですからね。

スマホのカメラだと、カメラを逆向きにして自撮りがお手軽にできるのですが、デジカメで同じようなことができるものが果たしてあるのか。

ググって調べてみようと思いつつ、そんなこともすっかり忘れていたある日、嫁と吉祥寺で買物をして、そのままふら~っとヨドバシカメラに立ち寄りまして、デジカメの買い替えを思い出しました。笑

そしてデジカメ売り場に直行し、自撮りがしやすいデジカメというものがあるのかどうか、まずは自力で探し始めますと…

ありました!

 

カシオ EX-ZR1700

ヨドバシカメラにて、僕が出会った「自撮りがしやすいデジカメ」は、CASIO(カシオ)EX-ZR1700というカメラです。

こちらのカメラです。

CASIO EX-ZR1700

カメラについて知識が全くない僕が、なぜ「自撮りがしやすいカメラ」だとすぐにわかったかと言いますと、こういうことです。

f:id:inudenchi:20180711201939j:plain

この状態で展示されていましたので、「お、これは自撮りも簡単にできるやつだぞ!」とアホな僕でも察しがついたわけです。パカっと開いて、画面を自分で確認しながら撮影ができる形です。

僕がそれまで使っていたデジカメは、そんなふうにパカっと開きませんでしたので、その機能にまず嬉しくなります。

自撮りが簡単にできさえすれば、僕の場合はぶっちゃけ、もうどんなカメラでもいいんですよ。笑

あとはお値段やデザインの問題だけです。

他にも同じようなカメラがないかとウロウロしたり、再度EX-ZR1700を手にとったりしていると、店員さんが近づいてきましたので、2~3質問をしてみました。

完全な素人レベルの質問ですが。笑

「自撮りがしやすいカメラは他にもありますか?」とか、「スマホのカメラと比べて、画素数はどれくらい違うんですか?」とかです。

スマホのカメラも画素数は最近かなり高いそうですが、それでもまだやっぱりデジカメの方が高いみたいですね。

それらの簡単な質疑応答を経て、自撮りもしやすいことがわかりましたし、僕のような素人が使うカメラとしてはこれでじゅうぶんだと判断し、僕はこの「CASIO EX-ZR1700」を購入することに決めました。

気になるお値段は当時で3万円ちょっと。

現在は既に別の新型が主流のようで、このEX-ZR1700はもっと値段が下がっていて2万円ちょっとくらいです。

 

急な3万円の出費はちょっと痛かったですけれど、ちょうどヨドバシのポイントが2万円ほど溜まっていましたので、1万円ちょっとで買える計算になります。これは買いです。

色はブルー、ゴールド、ブラックの三色あり、少し迷いましたがゴールドを選びました。

これにて、僕の理想としていた「簡単に自撮りができるデジカメ」への買い替え、完了です。

 

EX-ZR1700で自撮り

新しく買ったEX-ZR1700ですが、2016年の夏くらいに購入し、2018年現在も何の問題もなく使用しています。

嫁との旅行や神社ブログの撮影などでも常に持ち歩き、フル活用しています。

とても使いやすいですし、画素数とかも素人レベルではじゅうぶんで、綺麗な写真が撮れます。モードも僕の場合はオートにしていますので、撮る度に何かいじったりもしませんし、ただシャッターを押すのみです。笑

嫁との旅行では、念願だった「自撮りのしやすさ」により、今まで以上に記念写真をたくさん撮るようになりました。パチっと画面を立てまして、自分達にカメラを向け、背景とのバランスを調整し、シャッターを切ります。

以前のカメラではなかなか上手く自撮りができなかったのですが、EX-ZR1700は画面を見ながら自撮りができますので、もう大助かりです。

どうやらカシオのEXシリーズ(EXILIM)というのは、どれも同じく自撮りが簡単にできる仕様になっているようで、これまでに何種類か出ています。

浅い知識で申し訳ありませんが、現在は僕の持っているEX-ZR1700ではなく、新しい型の「EX-ZR1800」というのが出ています。

 

さらにもう少しお値段アップして、「EX-ZR4100」というのも。

 

さらには、もう1ランク上と思われる「EX-100FBK」ってのもあります。

 

僕はカメラに詳しくないので、上記の商品の細かい違いなどはわからず申し訳ないのですが…。

とにかくこのシリーズは自撮りはしやすいです。笑

今のところ、購入したEX-ZR1700で何の不自由もしていませんので買い替えの予定はありませんが、次に買い換える時も「自撮りのしやすさ」で選ぶなら、このCASIOのEXILIMというシリーズはいいな~と思っています。今後、もっと自撮りに特化したものが出る可能性もありますけれど。

そして、僕の場合はこんな物も使ってます。

f:id:inudenchi:20180711202741j:plain

f:id:inudenchi:20180711202753j:plain

こちらはカシオの専用カメラケースです。

僕は旅行の時も神社巡りのときも、このカメラケースでカメラを首から提げて持ち歩いています。

そうすると両手も空きますし、楽なんです。見た目も気に入りましたし。

紐のところに布を巻き付けてあるのは、僕の汗が紐に滲みこむのを嫌がった嫁が用意したオリジナルです。笑

 

カメラには本当に興味のない僕ですが、カシオのカメラで自撮りも問題なく行うことができ、ケースで持ち運びも楽になり、おかげさまで快適なカメラ生活を送らせて頂いております。

自撮りがしやすいデジカメをお探しの方がいましたら、参考にして頂けますと幸いです。

EXILIMシリーズは他にもいくつか種類がありますので、よかったら色々と見てみてください。自撮りを優先させたい人にはお勧めのデジカメです。

 

 

こちらの記事もおすすめ