笑う門には福来たる

おじさんの四次元ポケット

はてなブログで「プライバシーが保護されません」の警告。

「この接続ではプライバシーが保護されません」 僕は現在、はてなブログにて3つのブログを書いています。 こちらの雑記ブログと、テレビドラマ「相棒」のブログと、神社と御朱印のブログです。 こちらが相棒ブログ。 こちらが神社と御朱印ブログです。 ブロ…

佐藤多佳子『一瞬の風になれ』を読んで、走りたくなった。

佐藤多佳子『一瞬の風になれ』 僕は佐藤多佳子さんと言う作家さんを、失礼ながらこれまで知りませんでした。ですので当然、その作品も一冊も読んだことがありません。 佐藤多佳子さんを知ったのは、本屋大賞でそのお名前を拝見したことがきっかけです。 僕は…

『君の膵臓をたべたい』の小説を読んで泣きました。

住野よる『君の膵臓をたべたい』 住野よるさん著の『君の膵臓をたべたい』を読みました。 けっこうインパクトのあるタイトルだったためか、読む以前にも、いつの間にか僕の頭の中にその存在は刷り込まれていました。 本屋さんで見掛けたり、あるいは本屋大賞…

ラ・ソラシドのランチはドレスコード無しでお気軽に。

スカイツリーとソラマチに行こう 東京ソラマチの31階にあるレストラン「ラ・ソラシド」のランチに嫁と二人で行って参りました。 僕はこれまでスカイツリーにもソラマチにも一度も行ったことがなかったので、今回が初めてです。 スカイツリーが開業したのが20…

自撮りが簡単にできるお勧めのデジカメ。

デジカメの買い替え 一昨年、デジカメが壊れました。 だいぶ前から調子が悪いのは感じていたのですが、本格的にダメになってきましたので、これはもう買い替え時かと。 使っていたデジカメはCANONのIXYです。2009年くらいに購入したもので、7年ほど使ってい…

小説『ジェノサイド』を夢中になって読んでしまった。

高野和明『ジェノサイド』 高野和明さん著の『ジェノサイド』を読みました。 まずその率直な感想としては、「めちゃめちゃ面白かった」です。僕は文庫で読みまして、文庫ですと上下巻で約800ページとけっこうボリュームはあるのですが、あまりにも面白くて、…

調布にあるゲゲゲの鬼太郎マンホールとモニュメント。

マンホール女子に付き合う 最近、うちの嫁がマンホールにハマっております。正確にはマンホールではなく、マンホールの蓋ですけれど。 僕は特にマンホールに興味があるわけではないのですが、どうやら巷では「マンホール女子」というのがけっこう増えている…

東山魁夷が描いた御射鹿池。場所は長野の茅野市です。

御射鹿池とは? 御射鹿池(みしゃかいけ)は、長野県の茅野市にあるため池です。 ため池百選にも選定されていて、周辺は八ヶ岳中信高原国定公園にも指定されています。 冷たい水を溜めて温め、農業用水として使用できるようにする目的で、昭和8年に作られま…

豪徳寺は招き猫と井伊直弼のお墓がお勧めです。

豪徳寺ってどんなお寺? 小田急線には「豪徳寺」という駅があります。下北沢と経堂の間で、急行などは通過してしまい、各駅停車でないと止まらない駅です。 僕も小田急線は利用することがありますので、豪徳寺という駅は認識していました。また、そういう名…

本屋大賞1位の一覧。受賞作を2018年から順番に紹介。

本屋大賞の受賞作を全部制覇したい 僕は読書が大好きです。 通勤電車の中や、誰かを待っているときなどは、必ずといっていいほど読書をしていまして、平均すると2~3日に一冊くらいのペースで本を読んでいるかと思われます。月にすると10~15冊くらいです。 …

長瀞「たじま」の天ぷらの量がヤバくて死ぬかと思った。

長瀞のそば処たじま 今年の2月、嫁と二人で一泊二日の秩父旅行に出掛けてきました。東京からの電車旅です。 僕たち夫婦は神社を巡るのが好きでして、秩父の神社巡りをしつつ、温泉でのんびりするという旅行です。 初日にはまず秩父鉄道に乗って長瀞まで行き…

「教団X」が凄くて、中村文則の作品を読み漁りました。

中村文則さんを「教団X」で知る 僕はこれまで恥ずかしながら、中村文則(なかむらふみのり)さんという作家さんを知りませんでした。 2005年には芥川賞を受賞されている作家さんですので、どこかで名前は聞いたことこそあるかもしれませんが、特に認識するこ…

上野大仏を知っていますか?上野公園で出会えます。

東京にある大仏 大仏と聞いて僕がまず思い浮かべるのは、奈良か鎌倉の大仏です。 大仏に特別な興味があるわけでもなく、詳しいわけでもありませんので、おそらく最も日本では知られている奈良と鎌倉の大仏くらいしか思い浮かばないわけです。 それが転じてい…

「夜は短し歩けよ乙女」がぶっ飛んでいて強烈に面白い。

森見登美彦「夜は短し歩けよ乙女」に出会う 森見登美彦さん作の「夜は短し歩けよ乙女」という小説を読みました。 そして、衝撃を受けました。 強烈にぶっ飛んでる作品でして、めちゃめちゃ面白かったんです!! 正直、びっくりしました。笑 僕は森見登美彦さ…

ジブリ美術館に当日でも行ける市民枠チケット。

ジブリ美術館に当日券はある? 東京の三鷹市にある三鷹の森ジブリ美術館。 ここに入るには、事前にチケットを手に入れておく必要があります。通常は、当日いきなり行って入ることはできません。 また、前日とか一週間前とかも基本的には無理です。毎月10日に…

簡単DIYで部屋をジャングル風に。テーマは森の中。

部屋をジャングルっぽくしたい 上の写真は、賃貸マンションの一室である僕の部屋です。 この部屋にパソコンが置いてありまして、ここでブログを書いたり、お仕事をしたりなどしています。作家でも何でもない素人のくせに、一丁前にそんな専用の部屋を設けて…

ユニクロのヒートテック&フリース&ももひきの暖かさ。

冬は暖かい服装を 僕は数年前に、初めてフリースというものを着ました。 それまでは、かなり薄着で毎年の冬を過ごしていた気がします。Tシャツにライダースとかで。笑 僕が住んでいるのは東京です。決して沖縄や南国の暖かい国ではありません。東京の冬って…

ヴァージニア・ウルフって誰?30秒でわかるざっくり解説。

本日のDoodle(Googleのトップロゴ)で紹介されているのは、「ヴァージニア・ウルフ」という人物です。 ヴァージニア・ウルフとは何をした人なのか?ざっくり解説させていただきます。 ヴァージニア・ウルフってどんな人? ヴァージニア・ウルフはイギリスの…

セルゲイ・エイゼンシュテインって誰?30秒でわかるざっくり解説。

本日のDoodle(Googleのトップロゴ)で紹介されているのは、「セルゲイ・エイゼンシュテイン」という人物です。 セルゲイ・エイゼンシュテインとは何をした人なのか?ざっくり解説させていただきます。 セルゲイ・エイゼンシュテインってどんな人? セルゲイ…

阿佐ヶ谷の神明宮で厄除け祈願。前厄、本厄、後厄の三回

厄年は数え年で 僕は昭和51年生まれの41歳です。昨年2017年(平成29年)が本厄の年でした。 24歳のときも厄年を経ているわけですが、その時は厄年というものを意識したこともなく、自分が厄年だったということすら気付かないまま生きていました。笑 しかし今…

ケティ・フラドって誰?30秒でわかるざっくり解説。

本日のDoodle(Googleのトップロゴ)で紹介されているのは、「ケティ・フラド」という人物です。 ケティ・フラドとは何をした人なのか?ざっくり解説させていただきます。 ケティ・フラドってどんな人? ケティ・フラドはメキシコとハリウッドの両方で活躍し…

周有光って誰?30秒でわかるざっくり解説。

本日のDoodle(Googleのトップロゴ)で紹介されているのは、「周有光」という人物です。 周有光とは何をした人なのか?ざっくり解説させていただきます。 周有光ってどんな人? 周有光(しゅう ゆうこう)は中国の経済学者、言語学者です。今日1月13日は彼の…

稲城でどんど焼きに参加。しめ縄、門松、破魔矢を処分。

門松、しめ縄、鏡餅、破魔矢の意味は? お正月飾りって、いつからいつまで飾るのかとか、どのように処分するのかとか、意外と知らなかったりしますよね。そもそもその意味自体もよくわかっていなかったりもします。 子供の頃には普通に毎年お正月飾りが家に…

百田尚樹「風の中のマリア」でスズメバチが好きになった

百田尚樹が好きだ 僕は百田尚樹さんが大好きです。 いや、ちょっと誤解があるかもしれませんので言い直しますと、僕は百田尚樹さんの本が大好きです。笑 僕の場合は一般的ではありますが、知名度も高い「永遠の0」「BOX!」「海賊とよばれた男」などが百田尚…

戦争孤児の真実を描いた「浮浪児1945-戦争が生んだ子供たち」

石井光太の勧め 僕は石井光太さんの本が大好きです。石井さんが書いたものを全て読んでる、というわけではありませんが、そこそこ読んでいるかと思います。 本屋さんに行けば五十音順で「い」のコーナーはいつもチェックし、読んだことのない石井さんの本が…

城ヶ島の観光なら「馬の背洞門」がおすすめです。

城ヶ島のパワースポット「馬の背洞門」とは? 神奈川県、三浦半島の南端に位置する城ヶ島。 そこには「馬の背洞門(うまのせどうもん)」というパワースポットがあります。 馬の背洞門は、波の浸食によって形成された洞窟である、海蝕洞(かいしょくどう)で…

沢木耕太郎「テロルの決算」で描かれた浅沼稲次郎の暗殺

久しぶりの沢木耕太郎 僕は沢木耕太郎という作家さんが好きです。 とは言え、たくさん出ている沢木耕太郎作品の中で、僕が読んだことがあるのはほんの一部。10作品に満たないくらいかとは思います。 ですので、そんなレベルで「好き」だなどと言ってしまいま…

太宰治と森鴎外のお墓がある三鷹の禅林寺。

三鷹にある太宰治のお墓 三鷹市に禅林寺というお寺があり、そこには太宰治のお墓があります。 三鷹駅からは徒歩ですと15分くらいです。バスですともっと早いです。 僕は三鷹市の下連雀というところに住んでいるのですが、この禅林寺が徒歩10分ほどのところに…

「君の名は。」の聖地、諏訪湖が一望できる立石公園。

「君の名は。」の聖地巡礼 僕は嫁と二人で「君の名は。」を映画館に観に行きまして、なんとその直後に、人生初の「聖地巡礼」なるものまでしてしまいました。 最後のシーン、瀧と三葉が再会する神社の階段がありますよね、あそこに行ってしまったんです。 と…

石井光太「蛍の森」を読み、ハンセン病を知る。

石井光太さんとの出会い 石井光太(いしいこうた)さんと言う作家さんがいます。 僕はこの方が書いた本がとても好きで、文庫になっているものをこれまでにも何冊か読んでいます。 石井光太さんを最初に知ったのは本屋さんでです。 僕は本屋が好きで、よく時…